いちご農家はじめました

3月に仕事を退職してから、主人のいちご栽培を手伝い始めて早1週間。収穫やパック詰めなどの技術が必要な専門的な仕事はまだまだできないので、主人がハウスで収穫をしている傍ら、苗の手入れのお手伝いを始めました。人間相手の付き合いよりよっぽど楽だと思っていたけど、意外と繊細かつ力がいる農業に苦戦する毎日・・・仕事あがりの今もクタクタ。伸びた葉っぱを茎ごと引っ張って切るだけでも思いのほか力がいるし、思い切り引っ張ってしまうと実がなっている茎まで一緒にちぎってしまう。主人は「自分も普通にやってることだから構わないよ」と優しく言ってくれるけど、長い間主人が手間暇かけて実らせたいちごを出荷できなくしてしまうことに罪悪感。それでも1週間仕事を続けているうちにコツを掴み始め、実がなっている茎や花が咲いている茎を一緒に引き抜いてしまうことも減ってき始めました。最近では「苗に虫がついていないかチェックしてくれると助かる」と、新しい仕事を任されるようになり、自分の成長を感じるとともに主人から仕事ぶりを認めてもらえているのかな?と思うことが増えて、農業のお仕事が楽しくなってきています。まだまだ駆け出しだけど、主人を支えていけるようにこれからも頑張っていきたいと思っています。子供専用のカイテキオリゴ

いちご農家はじめました